タイミングを逃すくらいだったらお金を借りたほうがいい

お金を使うべきタイミングでお金を持っていないときはお金を借りることをお勧めします。
借金というと、誰しもが嫌悪感すら抱いていることかもしれません。
実際のところ、日本人は借金を嫌っている方が多く、借金に良いイメージを持っている方の方が少ないといえるでしょう。
しかしながら、お金を使うべきタイミングを逃すくらいだったら、お金を借りたほうが絶対にいいのです。

お金を使うべきタイミングというと、投資などをイメージされる方も多いでしょう。
しかし、そんな堅苦しい場面でなくても、お金を使うべきタイミングは日常生活に散見しています。
ネットオークションで欲しかったものが出品されている、前から欲しいものが安売りされてるから買っちゃいたい。
そんな割とどうでもいいようなタイミングでも逃さないほうがいいのです。

何故ならば、お金は返済すればいいのですから、それほど借りることに対して嫌悪感を抱く必要がないのです。
勝手に嫌悪感を抱いて、勝手にタイミングを逃して、勝手に「あのとき金があれば」なんて後悔する人が実に多いのです。

借金に嫌悪感を抱くというのは、一種の防衛本能のようなものかもしれませんが、その防衛本能に阻害されてしまうこともあるのです。
そのことを理解した上で、借金を過剰に嫌悪するのはやめたほうがよろしいでしょう。
もちろん、借金漬けで返済できないほどに生活を破綻させるのは愚の骨頂です。
しかしながら、本来お金を借りれば解決できる問題を借金せずにしたままにして、後ほど後悔することもあるのです。

借金ということに対して、今一度、柔軟な思考で向き合ってみてください。
もちろん、返済できないようでしたら借金はするべきではありませんが、十分返済できる金額ならば勇気を出して借りてみましょう。
そうすることで悩みを解決できたり、後悔を背負い込むことがなくなったりするのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加