「 2014年04月 」一覧

小保方晴子・研究ユニットリーダーのSTAP細胞について

最近、小保方晴子・研究ユニットリーダーのSTAP細胞についての話題が盛り上がっていますね。
論文に不正があるかどうかは別として、小保方晴子さんを悪者にして責任逃れをしようとしている人たちがいるのは事実ですね。

科学の世界はその世界をかじっていない人にとっては到底知り得ないくらい難しいことやっています。一般的な基礎知識を有しないマスコミや私たちが声高に批判するのは間違っていると思うんですよね。

STAP細胞が万能であるとか、STAP細胞があるとかそういった質問が出来るのはしっかりと小保方晴子さんの論文を見てしっかりと検証した方だけに許されると思うのです。

素人が憶測で批判や誹謗中傷をすることはなんか情けないですよね。
なので今回のマスコミの対応を見ていかに小保方晴子さんのボロを出すのかをだけ考えてくだらない質問をしている印象を受けて非常に不快でしたね。

マスコミはもっと高尚たるべきです。今の日本のマスコミは本当にマスゴミだと思います。
大阪の橋本市長に同様の質問をしたら「もっと勉強しなさい」と一蹴されますでしょうね。きっと。

不正があるのかないのか、早急に結論付けるのではなく、これから多くの専門家が検証していけば良いと思います。そんな短期間で物事が正しいとか正しくないとか論じきる風潮は私は嫌いですね。

そしてマスコミの情報にすぐに誘導される国民にも腹が立ちます。
もっと自分の頭で考え、マスコミの意見に対しても批判的にあるべきだと思います。

正しいとか誤りとか判断する前に、しっかりとその事柄に対して批判や意見をいえるぐらいの勉強をすることが大切ですね。日本人は勤勉そうに見えてマスコミが発する情報については検証をしなさすぎです。

これは非常に怖い事ですよ。いとも簡単にマスコミに世論誘導されてしまいますからね。

もっと冷静になって多角的視点で小保方晴子・研究ユニットリーダーのSTAP細胞問題については考えていくべきだと私は思います。